「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

19世紀のマンティーラ


シャンティ製黒いレースの19世紀のマンティーラ(腕と肩を覆うショール)。
保存状態のいい、すばらしく美しいレースです。
当時のフランス人女性の間では、これをペチコートつきのふわりと広がった
ワンピースに羽織るのが流行っていました。
もし現代の日本女性が東京の街で、たとえばカラフルな傘と合わせて
コーディネイトしたら、とっても素敵、と想像は広がります。
50年代のストラスのブローチで、輝きを添えるのも忘れずに。

e0202687_3194231.jpge0202687_320799.jpg
[PR]
by aufildeliseparis | 2010-11-28 02:21 | Au fil d'Eliseへようこそ

花嫁の冠

もしあなたが結婚を控えて、花嫁衣装で迷っているなら、
春を呼びこむような白い花とパールをあしらった、
チュールとフランス製レースのこんなヴェールはいかが?
前回のブログ記事で紹介した、雑誌「POP」でブリトニーが
身につけているのと同じものです。

e0202687_856355.jpge0202687_8564739.jpge0202687_8565949.jpg
[PR]
by aufildeliseparis | 2010-11-25 08:02 | Au fil d'Eliseへようこそ

ブリトニー・スピアーズのPOPなウェディング

現代アーティストの雄・村上隆氏は、
Au fil d'Eliseのレースや花冠がお気に入り ! 
雑誌「POP」上での、彼の手によるブリトニー・スピアーズの
撮影の際にも使われました。
POPなウェディングのアイディアがいっぱいです。

e0202687_7514035.jpge0202687_7553640.jpge0202687_7555572.jpge0202687_756243.jpge0202687_802955.jpg
[PR]
by aufildeliseparis | 2010-11-24 08:00 | Au fil d'Eliseへようこそ

バラとリラのファッション


小さな帽子は、女性らしさを演出してくれるアイテム。
羽根と花びら、フェルト、やさしくフェミニンなカラーです。
コーディネイトの仕上げには、20年代のパールのバッグと、
シルクのボー、今世紀始めのフランス製レース。
刺繍のクッションも忘れずに!

e0202687_7202068.jpge0202687_7204010.jpg
e0202687_7161613.jpg
[PR]
by aufildeliseparis | 2010-11-21 06:43 | Au fil d'Eliseへようこそ

アールデコの時代


パリジャンがこよなく愛する「狂乱の20年代」。
黒いイブニングドレスにぴったりの、白とグレーのパールのつけ襟は、
いかにもこの時代の華やかさがあって、とっても繊細でうつくしい。

e0202687_175998.jpge0202687_17592793.jpge0202687_17594463.jpg
[PR]
by aufildeliseparis | 2010-11-18 17:41 | Au fil d'Eliseへようこそ